日光の温泉と滝めぐり(NIKKO,hot‐spring,the Kegon Falls)

日光2日目。文句無しの天気。

朝風呂に入り、目を覚ましたところで朝食会場へ。

朝食もブッフェ。夕食もすごく良かったが、朝食も負けず劣らず。
和食、洋食とかなりの充実度。オムレツを目の前で作ってくれるサービスも嬉しい。
妻とほぼ全種類を食べたかな。
日光ステーションホテル・クラシック 朝食

チェックアウトして、ホテルから歩いてすぐの「金谷ホテルベーカリー」へ。
ずらっと並んだおいしそうなパンたち。
お土産にオススメと勧められたショコラクラウンを購入。
金谷ホテルベーカリー 日光駅前

中禅寺湖へ向け出発。こちらはいろは坂の途中。
明智平の手前からの展望。天気が良くて気持ちいい。
明智平 いろは坂からの眺め

シーズンもすぎたので渋滞もなく快適なドライブ。
明智平の駐車場からの一枚。ここからの眺めも非常に良い。
明智平 ロープウェイ

いろは坂を登りきってまずは、華厳の滝へ。
落差100m。水量も多く、マイナスイオンを堪能。
初めて見た人も多いらしく、あちらこちらで歓声があがってました。
日光 華厳の滝

つづいて、竜頭の滝。
こちらは華厳の滝とは違って風流な感じ。
紅葉ピークにきてたらもっときれいだったろうな。
日光 竜頭の滝

さらに先に進み。戦場ヶ原。
見渡す限りの平原。抜け感が半端ではない。
日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原からの空を見上げると、飛行機雲が一筋。
気温は5度。晴れているけど寒い。
戦場ヶ原から見た空

戦場ヶ原を後にし、湯滝に到着。
幅広の岩肌を流れる雄大な水の流れ。
これで日光三大名瀑を制覇。
滝の傍には滝の上まで登れる小道があります。
日光 湯滝

観瀑台からもう一枚。
このあと茶屋にはいってきの子汁(300円)と鮎の塩焼き(500円)を堪能。
きの子汁は体も温まるしオススメです。
日光 湯滝

さらに奥へと車をすすめ、湯ノ湖に到着。
気温が寒いせいか人もまばら。
奥日光 湯ノ湖

さきほどの湯滝を上から眺めることができます。
下の方にさっきまでいた観瀑台が見える。
湯滝 上からの眺め

日光の観光名所を一通り巡ったところで、奥日光の温泉に浸かることに。
立ち寄ったのは「休暇村日光湯元」。ここは施設もキレイだし、お風呂も良い。日帰り温泉は872円/人。
湯元温泉は硫黄の匂いも強く、白濁していてるので温泉気分が満喫できる。
冷えた体が温泉でぽかぽかに。詳細は以下のバナーから。

温泉を楽しんだ後は、渋滞に巻き込まれないよう早めの帰路。

東京へ戻る途中。
なんとなく羽生PAに寄る。

と、見えた景色にびっくり。なんかすごいことになっている。
どうやら鬼平犯科帳の世界をテーマにリニューアルオープンしたらしい。
羽生PA

施設内も凝っている。一見の価値ありです。
ちょうどお腹も減っていたので「うなぎの忠八」でうな重を購入。写真撮り忘れた。
羽生PA お土産売場

お腹もいっぱいになり、無事帰宅。
今回の旅はこれでおしまい。
温泉と美味しいものをいっぱい堪能できた旅でした。
次はどこにいこうかな・・・。それではまた!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください