「大内宿」に行ってきました。(Ouchi-Juku Fukushima)


今回は福島の磐梯山を中心に一泊二日の家族旅行に行きました。
東京から磐梯山までは約3時間半。

初日の目的地は大内宿のみにして
二日目に「鶴ヶ城」や、「さざえ堂」にいくことにしました。

大内宿

大内宿に到着しました。
天気は生憎の曇りからの雨。
テレビや雑誌でよく目にしてきた景色が広がるのでテンションは上がります。

大内宿

ずらっと茅葺き屋根の家々が立ち並ぶメインストリート。
それぞれお土産だったり、お蕎麦だったり、お団子だったりを売っているわけです。

名物しんごろう

小腹が空いていたので「名物」と書かれた看板に惹かれて
「しんごろうもち」?を購入しました。
甘味噌がちょっと焦げて香ばしくて美味しかったです。

大内宿・見晴台に続く階段

とりあえず一番奥まで歩いてみると
見晴らしが効く高台に通じる階段がありました。
ちょっと急ですが登ります。

大内宿・神社

階段を登ると神社があります。
階段は参道だったんですね。
確か安産のご利益がある神社だったかと。
間違っていたらすみません。

大内宿・見晴台からの眺め

高台からの景色です。
ちょうど雨もあがって茅葺き屋根と紅葉がいい感じに一望できます。
ポスターにできそうな写真が撮れるので
皆さんここで写真をパシャパシャしてました。

大内宿の景色

下に降りて散策です。
お土産をみたり、お蕎麦やさんを探したり。
竹馬が置いてあったので子どもたちと遊んだりしました。

大内宿・ねぎそば

特に下調べをせずに来てしまったため
どのお蕎麦やさんがおすすめなのか分からないままウロウロしていたところ
子どもが店先にあるお土産のオモチャに惹かれて
一軒のお蕎麦やさんに入っていってしまったので
その流れでそのお蕎麦やさんに入ることにしました。

大内宿・ねぎそば

平日の午後2時ということもあって、お店は貸切状態でした。
記念に一杯だけねぎ蕎麦を頼んで奥さんとシェアしました。
これで1,500円です。なかなかいいお値段ですよね。

ネギで食べるのは面白いのですが、食べにくいです。
ネギをかじってみるも辛いです。
蕎麦は刻んだネギをのせ箸で普通に食べるのが一番ですね。

大内宿・いももち

蕎麦を食べなかった子どもたちが何か食べたいというので
「いももち」を購入。
先に食べた「しんごろうもち」も美味しかったですが
こちらも、もちもちして美味しかったです。

大内宿

一度はいってみたいと思っていた「大内宿」。
念願かなって大満足でした。
子どもにはちょっと退屈だろうなと思っていましたが
着いてみると意外にも大喜びで走り回っていました。
家族全員で楽しめたのでよかったです。

大内宿の詳しい情報はこちらからご確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください